Yutaro Motojima

シニアコンサルタント

大学在学中にインターンとしてバレオコン・マネジメント・コンサルティング(OXYGYの前身)に参画。「クライアントと共に腕まくりをし、持続する成果を創出する」コンサルティングスタイルに強く共感し、2015年に日本オフィスにおける新卒第一号として入社。

以来、大手食品メーカーにおける全社デジタルトランスフォーメーションプロジェクトや、外資系自動車メーカーの全社変革プロジェクト等にPMOとして参画し、大企業の組織変革の実行を支援。

現在は日本オフィスのコアメンバーとして、コーポレートブランディングや人財育成にも注力する傍ら、休日は地方老舗菓子メーカーのグロースハック等を手掛けている。

Tokyo, Japan

専門領域デジタルトランスフォーメーション・D2Cデザイン・チェンジマネジメント

専門セクター食品・自動車・ライフサイエンス

使用言語 日本語・英語

実績概要

デジタルトランスフォーメーション
大手食品メーカーのDX(デジタルトランスフォーメーション)プロジェクトを通した全社変革実現支援。単なるデジタルソリューションにとどまらず、本質的な事業変革を実現するためのプロジェクトをクライアントと共にデザイン。PMOとして事業×機能、日本×海外の整合を図るためのプロジェクトマネジメントのみならず、事業の垣根を超えたD2C戦略や通販事業の最適化など個別テーマに関するコンサルテーションを実施。

チェンジマネジメント
外資系自動車メーカーにおけるDMS(ディーラーマネジメントシステム)導入に伴う変革実現支援。PMOとしてクライアント先の社員・外部トレーナー20人超を率い、1,000人以上の社員を対象にしたトレーニングプログラムの設計や、システム導入後のサポート体制の構築をリード。

組織・マーケティングモデル設計
日系化学メーカーにおけるグローバルマネジメントチームの組織設計、人財獲得・育成戦略、プロダクトライフサイクルを鑑みたマーケティングモデル構築を実施。