M&A「虎の巻」作成と展開サービス領域:事業成長_M&Aによる価値創出

案件サマリー

今後の成長にM&Aでの成長が不可欠な事業部で、独特の社内事情も反映させたM&A「虎の巻」を作成し、これまでの経験を体系的にまとめると同時に、実際のM&A業務の運営円滑化を支援。依頼主は、グループ売上高数兆円規模の企業の中で、大型M&Aだけではなく小型〜中型案件を数多くまとめてきた役員。ご自身の10年以上にのぼる経験からM&Aを成功に導くための虎の巻を作成し、その後の数ヶ月で実際の業務への応用を支援。

アプローチ

依頼主である役員ご自身が関わった、過去のケースほぼ全てを10回のインタビューを通じて網羅。並行して、M&A自体をプロセスとして捉え、平時のリスト管理、候補先企業や外部専門家とのコンタクト維持、案件発生時のプロセスから、その経緯までをチャートにまとめ、各ステップ毎の目標と成果物、そのための役割と分担、必要なスキル等、成功の秘訣・落とし穴等をまとめた。虎の巻草稿を早速2つの案件に当てはめ、内容のブラッシュアップ自体と案件への応用を実施し、その後社内へ展開した。

取組成果

M&Aの大きな流れと、その流れ毎に関わる担当の役割や責任、進め方を明確化し、共通ツール・フォーマットも作成。取組以前は属人的でケース・バイ・ケース対応だったM&A業務が、繰り返し再現可能なプロセスとして定義された。その後クライアント企業は、虎の巻をさらに社外のベストプラクティスと照らして改善。最終的には、外部専門家を役員相当レベルで採用し、専門のM&A推進チームを構築。その中で虎の巻の内容も充実させながら運用。