新規事業アイデア創出からの事業化サービス領域:事業成長_イノベーション

案件サマリー

伝統的な産業基盤材料・部品を製造する企業において、事業ポートフォリオが硬直化。オープンにイノベーションを促進する部署や、事業部企画部門などが中心となり、若手を中心とした新規事業立上げの取組を開始。新規事業の可能性を追求。OXYGYが事業成長、組織・人財開発案件でご一緒した際のクライアントからのお声がけから案件化。

アプローチ

30名程度の参加者との取組をリード。全体ではアイデア創出・アイデア磨き込み・事業化提案・事業化という流れで全体設計。事業化の中ではOXYGY及びパートナー企業のネットワーク活用も想定。アイデア創出ワークショップでは数百のアイデアが創出された。クライアントチームとアイデア整理を行い、その後プロジェクトチームを立上げ、半年間で計6回のワークショップと月1回の個別プロジェクトコーチングを通じて、アイデアの事業化提案を支援。

取組成果

予算を付けて具体的なフィージビリティスタディやプロトタイプ作りに進む案件を創出。取組自体が企業文化変革の一部と評価され、複数事業をまたがる定期的な取組基盤となる。イノベーション創出の考え方そのものが社内共通言語として定着し、会社を超えてスタートアップや外部専門家との取組が始まった。