アジア地域での開発・製造・サプライチェーン領域でDXのキックオフサービス領域:デジタルトランスフォーメーション_デジタルオペレーションモデル

案件サマリー

弊社がグローバルで様々な案件で関わってきた日系大手製薬企業。アジア地域の意思決定者(製造事業所長、SCM等機能領域リーダー)を巻き込んで、デジタライゼーションの大きな方向性と具体的な第一歩を踏み出すためのきっかけを作って欲しいと相談を受ける。ご相談頂いたのは、日本における製造領域でのDX推進リーダー。すでに日本の製造領域で同様のキックオフをご支援しており、その成果からアジア規模での実施をご依頼いただいた。

アプローチ

参加者全員の所属する事業所・部署における情報を収集。事前インタビュー等を経て、当日「なぜDXなのか」「機会と脅威」「具体的な課題」「今後の進め方」というアジェンダを設定。参加者のDX理解度を揃えるために、領域における他社事例等を使い意識を揃えた。開発・製造・SCMを模式化した大きなポスターを囲んで議論(ポストイット等を活用)することで、約40名の参加者全員が主体的にアイディアを出し合うセッションをファシリテート。

取組成果

議論が非常に活性化し、高いエネルギーレベルを醸成し、具体的な活動の枠組み・進め方・目標についても合意することができた。全体の進捗を揃えずに、すぐさま実装に向けて取り組めるアイデアも創出。アジア全体で、領域を分けた取組の整理も実施。その後も定期的に進捗を確認、グローバルの中でもデジタライゼーションの進め方のベストプラクティスとして参照される取組となった。