グローバルリーダー発掘・育成・異動の仕組み構築と導入・運営サービス領域:経営(オペレーションモデル)変革_ケイパビリティ構築

案件サマリー

これまでの勝ちパターンが通用せず、既存の競合企業や新規参入企業との熾烈な競争にさらされる中で、事業や機能におけるリーダーの育成が急務になっていた。多数同様のご相談をいただくが、特にこの事例ではOXYGYがグローバルリーダー育成プログラムの一部を長期間実施した後に、複数ベンダーを横断したケイパビリティ構築の「全体設計」を支援。グローバルリーダー候補生の発掘から、選別、育成、その後の配置転換までを範囲にしたコンセプト設計と、研修プログラム提供、個別具体プロジェクトのコーチングを実施。

アプローチ

OXYGYは当該クライアントのトレーニングとコーチングプログラムを長期に渡り担当してきた。「誰を」このプログラムに選出するか、その「基準、期待値」は揃っているのか、他の社内研修等との棲み分けは明快か、全体として何人の役員が将来必要で、そのために何人の候補者が必要か、その候補者にまで選ばれるためにどのようなキャリアプランをたどるべきかという問いに答える形でケイパビリティ構築のプログラム全体設計をリード。このプログラム自体の位置づけの理解が海外や事業部門で異なる中で、主要役員・事業部門・関連HR部門全体へのインタビューを行い、近い将来、経営を変革していく人財輩出のためにプログラム全体を再設計。

取組成果

参加者にとって、プログラムの意義・位置づけがより明確になった。将来の役員候補者を見落としてしまうリスクを軽減し、プログラム内容自体も、知識・スキル・経験をバランスさせたものへと昇華。知識やスキル偏重ではなく、経営に近いレベルのリアルイシューに対して提言を行うプロセスを通じて、参加者一人一人の強み・弱みをコーチング。当該プログラムを「卒業」した参加者のうち何人かは、当該企業でも異例のスピードで、部門の責任者に就任。役員候補をよどみなく生み出す仕組みとして、今後も運営するための基盤を構築した。